120歳まで元気に!ウソではありません! 

あなたの人生が変わる奇跡のミネラル健康法

 ・ミネラルについて ・奇跡のコロイドミネラル ・ミネラル体験者の声 ・特定商取引法の表示 ・お問合わせ

アトピーのかゆみ!  糖尿病!脳梗塞! ガン(癌)!

「病気、病因、疾患はミネラル不足である。」


 
これは2個のノーベル賞を受賞した ライナス・ポーリン博士の有名な言葉です。

****〜 プロローグ 〜****
            
       あらゆる生命体はミネラルなしには生きることができません。
   
  はるか太古の時代、ミネラル豊富な地球環境は、恐竜をはじめ、たくさんの大型動物、
  植物を育んできました。

  ところが、億万年の年月の中、氷河と温暖の環境の変化、天変地異の変化で恐竜時代
  の豊満なミネラルは悲しくも地球の深い地層に閉ざされてしまったのです。

  現在の地球生命体は、天変地異の変化の過程で運よく土壌に浮き出たミネラルを摂り
  入れて生命を存続させているに過ぎません

  土壌からミネラルが年々、減少していく中、人類の未来を危惧し、立ち上がった
  ミネラル研究・開発のトップ企業、ノーベル賞ノミネート博士により、人類救済の画期的な
  ミネラルが誕生しました。
   
  有史以来、無知は人生を破滅へと追い込み真の智識は人生を勝利と幸福への扉を
  開いてくれます。
   
  このページで掲載している情報は全てウソ、偽りのない真の情報です。
   
      


    
  
知らないと損をするミネラル知識
     

    「万物の創造主」 神の啓示を記した
    世界最古の歴史書「聖書」の創世記第一章の7節


    主なる神は土のちりで人を造り命の息をその鼻に吹きいれられた。
    そこで 人は生きた者となった。

       
     ※土のちり(土壌に含まれる元素)で人を造った。
      人間をはじめあらゆる生命体はミネラル(生体元素)で造られている。
      
↑ページ上段へもどる
●そもそもミネラルとは何?
 サプリメント等、テレビ、マスコミ等で話題の健康に良いミネラル!と 紹介されている
 ミネラルですが、このミネラルって一体 何でしょうか?


 簡単にいいますと「生命に必要な必須栄養素(元素)」です。
 詳しくは、ナトリウム・カルシウム・鉄・カリウム・リン・マグネシウム・亜鉛・銅・マンガン
 ・ヨウ素・セレン・クロムなどの栄養素を総称してミネラルと呼びます。

 ※「万物の創造主」神は土のちり(土壌に含まれる元素)で人を造った。
 

生命維持に必要な栄養素には五大栄養素として基本的には5つの栄養素があります。

 ・表記しますと ⇒ @タンパク質 A炭水化物 B脂質 Cビタミン Dミネラル

 上記の栄養素が5大栄養素です。
 栄養素の最後にDミネラルを表記しましたが、実はこのミネラルがもっとも重要な栄養素
 の一つなのです。
 
 ★↓これだけは覚えておこう!
 
「五大栄養素の一つであるミネラルは人間の体で作ることが出来ません。」


 現在の促成栽培された野菜に含まれるビタミンやミネラルはとても少なく、50年前と比べて
 ホウレンソウの中の鉄分は3分の1に、ニンジンは2分の1に減少しています。



ミネラルの種類
ミネラルは大きく分けると3つの種類に分けられます。

1・金属性ミネラル
2・キレートミネラル
3・植物性コロイドミネラル

1・金属製ミネラルとは?
 海水の塩、石灰岩、カキの殻、炭酸カルシウム、粘土などを原料としたミネラル。
 日本で市販されているサプリメントはほとんどがこのタイプです。

  ・吸収率は8%〜12%程度
 多量摂取は体に害をもたらすので取りすぎには注意が必要!
     
     
2・キレートミネラル
 健康食品業界が開発したミネラルでアミノ酸やタンパク質で包む事により新陳代謝を
 良くし、吸収率の向上があるが、中身は金属性ミネラルなので取りすぎには、要注意!

  ・吸収率40%〜50%程度
     
     
3・植物性コロイドミネラル体にまったく害を及ばさない植物性ミネラルです。
 コロイドミネラルとは微粒子ミネラルとも呼び、赤血球の7000分の1という微粒子
 のため毛細血管から体の隅々まで行き渡り、ビタミン、ホルモン、酵素などを活性化
 することができるスーパーミネラルです。

  ・吸収率98%


人間に必要なミネラル元素は?
 
 高名な分子生物学者のカレーリームス博士は、人間には、106の元素のうち84の元素が
 必要だと言っています。

 

 その中で、人間に必要な必須ミネラルは45〜60種類、しかし いかにバランスの取れた
 食生活をしても、これらのミネラルを十分に摂取することはできません。

 なぜなら 普段 食べている穀物や野菜、果物などの作物にはミネラルが微量しか含まれな
 いからです。

 この原因は、作物を育てる「土壌」にあります。
 
 ※↓ここは重要
 動植物が合成することの出来ないミネラルは「土壌」から吸い上げるしかありませんが、
 世界的に知られているように、現代の「土壌は」100年以上前から、ミネラルが次第に減少
 し、作物やその作物を餌として成長した動物の食肉からは、人間が必要とする60種類以上
 のミネラルを摂取することは、まず、不可能と言えるでしょう。
↑ページ上段へもどる

●ミネラルの働きとパワー

■ミネラルとビタミン

 ミネラルには、ビタミンや脂肪酸、キサントン、ポリフェルノールなどの栄養素に働きかけて
 体内機能を調節する働きがあります。

 ミネラルが不足するとビタミン等、これらの栄養素は本来の役割を果たす事ができない
 まま、すぐに体内から排出されてしまいます。

 ※↓ここは重要

 ビタミンが不足しても体内ではミネラルは働くが、ミネラルがなくなるとビタミンは働かなくな
 ります。

  ※高価なビタミンを摂取しても体内のミネラルがなくなるとビタミン摂取は無意味!かつ
  お金のムダ使い。


■その他のミネラルの働き
 
 ミネラルの必要性は、ビタミンと同じようにそれぞれ異なります。

 人間やその他の脊椎動物には、骨の形成と維持のためにカルシウムとリンが多く必要
 とされます。

 カルシウムは神経と筋肉の正常な働きにも必要で、リンはATP(アデノシン三リン酸)と
 核酸の必要な成分になります。
 
 
は、細胞呼吸に必要なシトクロムや、 ヘモグロビン(赤血球の酸素結合タンパク質)の
 重要な成分です。
 
 
マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルトは、酵素を構成する補助因子です。
 ヨウ素は、新陳代謝率を調節する甲状腺ホルモン(チロキシン)を構成するのに必要です。
 ナトリウム、 カリウム、塩素は神経の機能に重要な役割を担います。

 健康な食生活を営むためには、エネルギーに必要な十分なカロリー、炭素鎖、有機性窒素
 の他に、必須栄養素の十分な摂取が必要です。

■体内でのミネラルの働きの例

 カルシウム・・・・・・・・・骨・歯の形成 血液凝固 神経伝播
 
 りん・・・・・・・・・・・・・・・骨と歯の形成、酸塩基平衡、ATPの生成

 硫黄・・・・・・・・・・・・・・結合組織、軟骨、腱の構成成分

 カリウム・・・・・・・・・・・酸塩基平衡、神経の機能

 塩素 ・・・・・・・・・・・・胃液の生成、酸塩基平衡

 ナトリウム ・・・・・・・・酸塩基平衡、体液の調整、神経の機能

 マグネシウム・・・・・・・酵素の活性化、タンパク質合成

 鉄・・・・・・・・・・・・・・・ヘモグロビンやエネルギー代謝に関わる酵素の構成成分
 
 フッ素・・・・・・・・・・・・・骨格の維持に関与

 亜鉛・・・・・・・・・・・・・・消化酵素の構成成分

 銅・・・・・・・・・・・・・・・鉄代謝に関わる酵素の構成成分

 マンガン・・・・・・・・・・・各種酵素(尿素生成に必要な酵素など)の活性化

 ヨウ素・・・・・・・・・・・・甲状腺ホルモンの構成成分

 コバルト・・・・・・・・・・・ビタミンB12の構成成分


ミネラルパワー
@★活性酸素を除去する。
@★免疫機能を高める
@★体内の防御・修復システムを活性化。
@★血圧を正しく調整する。
@★精神を安定させる。
@★ストレスに強くなる。
@★有害物質の害毒を弱める。

 上に挙げたもの以外にも、体内のミネラルには数多くの働きがあり、他にも有益な
 栄養素がたくさんあります。

    ※上記での紹介は、体内で働くミネラルの役割のほんの数例にすぎません。

↑ページ上段へもどる

●ミネラルによる好転例 
アトピー性皮膚炎が好転
 
 皮膚、口腔粘膜、鼻粘膜、眼球粘膜に対するミネラルの刺激性をテストでミネ
 ラル原液を100倍にうすめて皮膚に塗ったところ痒(かゆみ)が消えた。

 それで「アトピー性皮膚炎」の治療に使用してみると、やはり痒みが消え、
 効果があるという報告がありました。
 
 アトピー性皮膚炎の患者さんにとってミネラルは最高の贈り物になるでしよう。

水虫も好転!
 ミネラルを水虫に使用したところ、驚くべき効果がありました。
 これは、ミネラルが皮膚の奥まで浸透し、効果的な殺菌をするからでしょう。
 
 痒みのひどい時、ミネラルを塗ると、かゆみから解放されます。
 

やけどにも良い!

 軽度の火傷にミネラルをうすめて塗ったところ20分ぐいらいで痛みが止み、翌日には、
 皮膚の再生が始まった。という 報告もあります。

化粧品にも良い!
 
 
皮膚の病気治療の他、最近では化粧品の分野でもミネラルが話題を呼んでいます。
 皮膚の老化、しみ、そばかす、しわ等に悩む女性の基礎化粧品にミネラルを混ぜ
 ることにより新陳代謝を高め、結果的に良いという報告もあります。

高血圧も低血圧も正常へ好転!
 ミネラルを健康維持適量を3ヶ月間、飲み続けた結果、血圧が正常に安定、逆に低血圧の
 人も正常になった報告が多数あります。


糖尿病も好転!
 体内の微量元素ミネラルが不足すると、糖代謝を行う酵素蛋白郡の働きが悪くなり体内の
 生理活性化物質が不足し糖質代謝をコントロールできなくなって全身細胞のエネルギーで
 ある糖質血糖値を上昇させ、糖尿病へと姿を変えていきます。

 ミネラルに含まれるパナジウムには、インシュリンと同じように血糖値を下げる作用があること
 は動物実験ですでに知られています。
 
 ※↓ここは重要
 1985年カナダの
 バンクーバー大学医学部では「微量ミネラルのバナジウムが成人性糖尿病の
 インスリンに置き換えられる」と発表しています。



 糖尿病の恐ろしいことは、視力低下、失明、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、がん等に
 直結します。


太りすぎ改善に!
  
  肥満の解消!またダイエットに成功した人は、ミネラル補給でリバウンドの不安も解決
  という報告が多数あります。


免疫力を高める!
 
ミネラルは体内の免疫力を高めるのにとても期待ができる。

   ※上記での紹介は、ミネラルの好転例のほんの数例にすぎません。

↑ページ上段へもどる

●現代人はミネラル不足?    

 あなたは健康ですか?
 と聞かれて大半の人は「多分、健康です。」と答えるでしょう。

 体がだるい、何となく頭が重い、肩が凝りやすいといった直接病気とはいえない症状を
 日常的に感じている人であっても「多分、健康です。」と答えているのではないでしょうか。

 そのような人は「半健康人」と呼ばれています。ある調査によると、現代人の80%以上が
 〔不定愁訴〕と呼ばれる半健康人なのです。

 人間の生活の場が汚染される一方で、食生活の偏りや西洋医学の対症療法の一つで
 ある抗生物質の多用により人体の免疫力自体の低下が著しくなっています。

 免疫力が低下しているだけではなく、ストレスなどで体内における活性酸素が、過剰発生
  してしまい遺伝子は傷つき、病気になる要因を作り続けています。

 ミネラルは通常、食物、水を通して人体に取り込まれます。野菜などの食物は土壌から
 ミネラルを吸い上げて蓄え、水は土壌によってろ過されるうちに、土壌に含まれるミネラル
 が溶け込みます。

 これらを人間が摂取することによってミネラルを補ってきたのですが、科学肥料・薬品
 汚染
によって土壌のミネラル含有量が大幅に少なくなってしまい、結果的に現代人の
 ミネラル摂取量が不足しているのです。

 動植物が合成することの出来ないミネラルは「土壌」から吸い上げるしかありませんが、
 世界的に知られているように、現代の「土壌は」100年以上前から、ミネラルが次第に減少
 し、作物やその作物を餌として成長した動物の食肉からは、人間が必要とする60種類以上
 のミネラルを摂取することは、まず、不可能と言えるでしょう。

 植物は人間よりもかなり少ない栄養素だけですくすくと成長することができます。

 「ミネラル」で例えると植物は人間よりかなり少ない「ミネラル」で成長することができるわけ
 です。 が逆に 人間は植物の「ミネラル」だけでは充分に成長できないのです。

 実際どのくらいのミネラルが必要かといいますと?

 ・↓成長に必要な必須ミネラル
 植物 →→→ 9種類   人間 →→→ 60種類以上

 上記の数字でもわかるように、植物は9種類のミネラルで成長するが、人間は60種類以上
  のミネラルが必要なのです。

 故に植物からミネラルを吸収しても9種類のミネラルしか摂取できません。 残りの51種類
 以上のミネラルを植物以外から摂取しなければなりません。
 人間は植物のもつ「ミネラル」だけでは充分ではないのです。

 さらに 悲しい事に 少ないミネラルでも育つ植物が年々、ミネラルが減少して
 きているのです。

 また植物を育てる「土壌」も100年以上前からミネラルが減少しているので、結果的に
 植物を食べる人間もミネラル不足に陥いるのです。

 ・データーによると
 「1975〜1990年の間にキャベツ、人参、玉ねぎなどの緑黄色の野菜は53%も落ちて
 いるのです」

 アメリカの例をあげると
 1936年の米国上院文書264にはアメリカ全土のうち85%にセレ二ウムが全く存在
 しないと報告されています。
 ソ連に何百万トンの小麦粉がアメリカから送られた時、ソ連で心不全で死亡する人が急増
 しました。
 これはアメリカの小麦粉の大半にセレ二ウムがない為であったという話があります。

 「セレ二ウム不足は心筋を停止させる」
 ※↑覚えておこう

●●●病気、病因、疾患 解決の鍵はミネラルにあった●●●
   (現代科学が生んだ奇跡のコロイドミネラル)


↑ページ上段へもどる
●病を癒してくれる伝説の泉
 アメリカ大陸に白人が上陸する数百年前、中部ユタ州のバイウート族インディアンは、驚くべ
 き治癒力のある伝説の泉へ 病を癒すために旅たったのです。

 開拓とインディアン移住にともない伝説の泉の場所もほとんど忘れ去られていました。
 
 1925年、病に苦しんでいた牧場主のトーマスクラークは数少なくなったインディアンの老人に
 同じような伝説の泉へ案内してもらいました。その泉の水を飲んだ直後、彼は驚くほど回復し
 たのです。
 
 元気になった彼は、この病気を治してくれる不思議な泉の秘密を打ち明けようと決心したの
 です。

 山林に囲まれた中を泉に向かって戻るとき、彼は泉の水が流れているあたりに見慣れない
 物質がたまっているのを見ました。

 後にそれは1億3000年以上も昔の熱帯雨林による元素の存在物であると確認されました。
 この物質を調べると驚くことに70以上もの異なる種類のミネラルを含んでいることが分かり
 ました。

 トーマスはこのミネラルを抽出し、濃縮するための簡単なろ過方法を開発し、友達や身近な
 人にこの「奇跡の液体を」分け与えたのです。

 この物質をドイツの生物物理学者の第一人者フリッツ・アルバート・ポップの実験によってあ
 る特定の電気的波長により人間の健康にドラマチックな効果を与えるものであることが確認
 されました。

 この物質はコロイド植物性ミネラルとして知られる天然のマイナスイオンを持っていたので
 す。

●植物性コロイドミネラル
 コロイドミネラルの原料は伝説の泉のもとでもあるユタ州中央部からは発見された約7千年
 前から1億3000年前の太古の熱帯雨林のミネラルの残留物が、通常は存在しない環境
 のもとで岩盤でフタをされたような状態で保存された物質、これは植物が凝縮されたもの。
 
 少なくとも84種類のミネラルを含む超古代の植物が地中の微生物によって分解されながら自
 然にキレート化したものであることがわかりました。

 キレート化した物質から抽出した貴重な天然ミネラル、それが植物性コロイドミネラルです。
 生成方法は透明な水の力で適切な濃度まで抽出し、最終の液中に有機的な超微量ミネラル
 だけが残るように特殊な医療用フィルターによって生成されています。
 
 防腐剤、芳香剤、人造物質は一切添加されていない天然の植物性コロイドミネラルです。


●植物性コロイドミネラルの働き
 1、コロイドミネラルは、食物、サプリメントから得た栄養素、ビタミン、酵素を体の至るところに
   運び、新陳代謝を促し効率よく活用できるように仕向けてくれます。

 2、体内に蓄積した毒素や水銀、鉛などの重金属を取り込み対外へ排出してくれます。
   毛髪検査によると約8ヶ月で鉛はゼロに、水銀は適正レベルまで減少した人がいます。

  ※アメリカ、ドイツで行われた臨床実験によって証明されています。
●世界中の医学博士もコロイドミネラルを絶賛!!
 アメリカの博士で二度のノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、
 エンジェルチェーコン博士、エルマー・クラント博士、マイケルシチェル博士は、この植物
 コロイドミネラルを絶大に支持しています。

 博士らの説明によると、人間の体は十分なミネラルとコロイド状のプラントミネラル、そして
 ビタミン、アミノ酸を日々の食事から摂る事によってのみ健康でいられ、人間の細胞は老化が
 早まるのを避けるため、コロイドミネラルに含まれる72種類以上の成分を必要とする。

 これはすべての生命にとって基本原則であると説明しています。

 アメリカの生物物理学者キャリー・A・リームス博士は、ミネラルに関する大規模な研究の
 結果今まで必要であると考えていた数よりさらに多い、84種類の基本元素が必要であると
 発見しました。
↑ページ上段へもどる
●植物性コロイドトミネラルを製品化!

 ミネラル研究の世界第一人者としてノーベル賞候補に2度もノミネートされたワラック博士は
 地球の土壌からミネラルが日毎に減少していく様を憂い、豊富な知識と研究から全ての力
 を決集して、伝説の泉で知られる天然コロイドミネラルをプラントミネラル製品として完成させた
 のです。

70種類以上の天然植物性ミネラル入り。
本製品1ボトルあたり有機植物から抽出された
各種100%天然ミネラルが約20,000mg以上(固形量)含有
●カルシウム ●炭素 ●ガリウム ●スカンジウム
●ナトリウム ●銅 ●水素 ●タンタル
●バリウム ●ガドリニウム ●ランタン ●ツリウム
●コバルト ●ホルミウム ●窒素 ●イッテルビウム
●フッ素 ●鉄 ●プラセオジム ●カリウム
●ハフニウム ●マンガン ●サマリウム ●アルミニウム
●イリジウム ●ニオプ ●ストロンチウム ●臭素
●ルテチウム ●白金 ●トリウム ●クロム
●ニッケル ●ルテニウム ●バナジウム ●ユウロビウム
●パラジウム ●銀 ●リン ●ヨウ素
●ルビジウム ●タリウム ●ホウ素 ●リチウム
●ケイ素 ●タングステン ●セシウム ●ネオジム
●テルビウム ●ジルコニウム ●エルビウム ●酸素
●チタン ●マグネシウム ●ゲルマニウム ●ロジウム
●亜鉛 ●アンチモン ●インジウム ●セレン
●塩素 ●ビスマス ●モリブデン ●テルル
●硫黄 ●セリウム ●オスミウム ●イットリウム
●ベリリウム ●ジスプロシウム ●レニウム ●金  その他


健康と長寿をお約束する脅威のプラントミネラルで!
健康生活はじめませんか?

    

↑ページ上段へもどる
植物性コロイドミネラル製品


●商品名:プラントミネラル(原液) /容量:1000ml 
  「死んだ医者はウソをつかない」CDプレゼント付き(初回のみ)
◆価格:6,300円
(税込・送料無料))



数量:

カゴエラーのフォーム注文はここ

会員登録でさらにお得!
エンジエビティの会員
会員価格:
単品購入で4,937円
会員価格:
(ケース4本)購入、1本で4,437円

※会員価格の購入は別途、メンバーの登録が必要です。
会員価格の購入希望の方は下の資料請求フォームより資料請求してください
会員価格の購入をご希望される方は、
(下の資料請求フォーム)よりメンバー用資料を請求下さい


●商品名:プラミン(梅エキス入り)/容量:1000ml
  「死んだ医者はウソをつかない」CDプレゼント付き(初回のみ)
◆価格:6,800円
(税込・送料無料))
     

数量:
カゴエラーのフォーム注文はここ

会員登録でさらにお得!

エンジエビティ会員
会員価格:単品購入で5,658円
会員価格:
(ケース4本)購入、1本で5,158円

※会員価格の購入は別途、メンバーの登録が必要です。
会員価格の購入希望の方は下の資料請求フォームより資料請求してご検討ください。
会員価格の購入をご希望される方は、
(下の資料請求フォーム)よりメンバー用資料を請求下さい

ミネラルガーデン
●商品名:ミネラルガーデン/容量:946ml
 「死んだ医者はウソをつかない」CDプレゼント付き(初回のみ)
◆価格:12,000円(税込・送料無料))    

数量:
カゴエラーのフォーム注文はここ

会員登録でさらにお得!
エンジエビティ会員
会員価格:単品購入で9,051円
会員価格:
(ケース4本)購入、1本で8,551円

でお買い求めできます。

※会員価格の購入は別途、メンバーの登録が必要です。
会員価格の購入希望の方は下の資料請求フォームより資料請求してご検討ください

会員価格の購入をご希望される方は、
(下の資料請求フォーム)より資料を請求してご覧下さい。(資料請求は無料です)

↑ページ上段へもどる


・・・・ 資料請求フォーム ・・・・
(資料請求無料)
*お名前
*ご住所 (郵便番号)
      (都道府県)
    (市区町村・・・番地)
*メールアドレス
*TEL
*通信欄
ご不明な点、ご質問、ご意見等 その他お聞きしたい事をご記入
ください


            

  
プラントミネラルを開発した
   ワラック博士
ってどんな人?


■ワラック博士の紹介

 アメリカミズーリ大学の動物栄養学研究で科学学士号、獣医博士号を取得。
 オレゴン州、「National College Naturopathic Medicine」において栄養学博士を
 取得。
 
 生物医学、臨床医学に30年以上携わる。栄養学・薬物学分野で70の論文、8冊の
 共同著書等を執筆。
 約1万7000体の動物の解剖と約3000体の人間の解剖を経て、ほとんどの自然死は
 ミネラルを中心とする栄養不足によるものだと確信。

 現代の医学や医師のあり方について、真っ向から批判する異端児的な存在としても
 注目
 されています。
 そしてワラック博士はこう言っています。

 
 「死んだ医者は嘘をつかない」


 医師の平均寿命が物語るように彼らの「死んだ」という事実に嘘はつけません。
 医者は決してエキスパートではないのです。
 医師による治療が人の命を延ばすというのは間違いです。
 人々は医者を神様のように扱いますが、そうではないのです。
 毎年増える医療ミスによる死亡数の増加をみても一目瞭然。
 薬を飲んで治す医者の治療では病気は治りません。
 薬は悪いところを一時的に止めるだけであり、その薬により更なる病気が発生する
 ことも少なくありません。
 本当に病気を治すには悪い原因の根本を探して、それを治さなければならない。
 薬にはそれができないということを皆さんに気づいて頂きたいのです




■ワラック博士の経歴

 ●生物医学の研究及び臨床医療に30年間携わる

 ●ミズーリ大学で「科学学士」・「獣医学博士」の称号を獲得
 ●ワシントン大学の「Center For the Biology of Natural System」の
  博士課程を終了
 ●オレゴン州ポートランドの国立自然療法医科大学で「栄養学博士」の取得
 ●栄養学・薬学分野において70以上の論文、8冊の著書の発行に携わる

 ●1968年動物福祉法(実験動物、捕獲された特殊な動物の人間的な住処とケアー)の原案を作成した
   NSF臨時委員会の委員を努める

 ●中華人民共和国ヘイジアン省ハルビンのハルビン医科大学顧問教授
 ●「量子医学」、代替医療ジャーナルの共同編集委員
 ●1988年代替医療学会から「ウースター ビーチ ゴールドメタル賞」を授与
 ●ヨーロッパ及びアメリカの75の科学、学会、医学及び獣医学に関する専門誌に論文を発表
 ●1991年代替医療学会からノーベル賞候補として指名される





■ワラック博士とヤングジェビテイ社
(旧名称:アメリカンロンジェビティ社)


 ワラック博士
が発表したミネラルについての研究は世界各国から高く評価され、
 いつしか「ワラック博士が保証したミネラル!」と書かれたミネラルの商品が出回る
 様になりました。(現在約40社がそういった商品を出しています。)

 しかし、だんだんその中には実際にきちんとワラック博士が保証していない商品も増
 えてきました。
 そこでワラック博士は、「本当によいミネラル製品を自分で作り、それを人々に
 飲んでもらえれば。」と強く思いはじめました。そして自らミネラルの会社を設立したの
 です。

 その名が「American Longevity(アメリカンロンジェビティ)」です。

 ワラック博士は最高のミネラルを製品化するにあたり、またさらに研究に研究を重ねま
 した。
 市場に出回っているミネラル製品も丹念にチェックしました。その数は75社以上にのぼる
 といいます。

 しかしどれも納得いくものはありませんでした。
 ワラック博士のミネラルは、「6000万年から1億2700万年前の白亜紀」の、奇跡的に
 残存していた、非常に高品質の「植物性コロイドミネラル」を使用しています。

 さらにその製造過程に大きな特徴があり、他社では真似できない製造方法でコロイダル状
 (ガラスを通り抜けるほどの微粒)の植物性のミネラルだけが残るように特殊なフィルターを
 使用して作られているのです。

 もちろん、純粋な植物性コロイダル状ミネラル以外の添加物は一切加えていません。
 もちろんこれはワラック博士の「アメリカンロンジェビティー」社のみしかこの製造法はでき
 ません。

 他社が製造しているミネラルとはその品質が全く違うのです。

 アメリカンロンジェビティはFDA(アメリカの日本でいう厚生労働省)の審査基準・
  概念をくつがえし、裁判して4回勝って栄養規定を変えさせたネットワーク企業でただ
  1つの会社です。
  
(FDAと ロンジェビティの記事詳細はここをクリック!!)



■ヤングジェビティ社について(旧名称:アメリカンロンジェビティ社)
 
(日本名:エンジェビティ社)
 1997年にアメリカンロンジェビティ社して設立
 カリフォルニア州サンディエゴ郊外のチュラビスタに本社を置く
 ジョエル・ワラック博士とその息子スティーブ・ワラックが経営に携わる。

 
 小さな車庫から出発したアメリカンロンジェビテイ社は後にアメリカ全土、カナダ、2003年
 にはオーストラリア、ニュージーランド業務を開始、現在では25万人以上の会員を有する。
 アメリカで最も高い財政安定性を示すとされる最高レート5A1を受賞した優良企業。
 
 最高レート5A1とは
 世界標準になりつつある財政安定指数最高レート5A1とはどんな企業でしょうか?
 わかりやすく言いいますと、地球が滅ばない限りこの会社も倒産しないという財政格付
 マイクロソフト、IBM、デュポンなどの超一流企業のみがこのレベルにランクされています。
 
 日本の一流企業であるトヨタ自動車、三菱商事は、かなり下の評価しか受けられていま
 せん。

 「5A1」のうち「5A」は、会社が5000万ドル(約65億円)以上の財産を所有している事を
 示し、「1」は会社の信用度が全体的に「最高」という評価。

 一度「5A1」の評価を受けた会社で、過去に倒産した会社は、平成18年現在ありません。
 
↑ページ上段へもどる