水に含まれるミネラル

ミネラルの正式名称は「生体微量元素」といいます。
ミネラルは体に必要な大切な「五大栄養素」の一つで、ビタミンやタンパク質と
組み合わさって、体の構成成分をつくったり生理作用の調整を行ったりします。
ミネラルが欠乏すると体が不調になり病気になったりします。

人間の体内には70種類のミネラルがあると言われており、このうち人間の成長や生命活動を維持する上でどうしても欠かせない必須ミネラルは、16種類です。

人間は自分の体内でミネラルをつくり出すことができないから、飲料水や食べ物からとり入れることが、必要。

人間の体液中のミネラルバランスは、海水のミネラルバランスに近い。